最終戦争論

出版时间:2001  出版社:中央公論新社  作者:石原莞爾  
Tag标签:无  

内容概要

本書はその直前、昭和15年5月に行われた講演に若干の追補をしたものである。
石原がここで「最終戦争」と言うのは、この次に行われる「決戦戦争」によって、世の中から戦争がなくなる、という意味である。なぜなら、戦争発達が極限に至るため、次に起こる戦争の勝者がトーナメントにたとえれば最終的な勝者となり、兵器の発達によって人類はもうとても戦争をすることはできなくなる、ということだ。これは、核の所有により、局地戦はともかく全世界を巻き込む大戦を事実上不可能に近くしている現状を見れば、正鵠を射ている。
しかも、「真の決戦戦争の場合には軍隊などは有利な目標ではなく、最も弱い人々、最も大事な国家の施設が攻撃目標になる」「徹底的な、一発あたると何万人もがペチャンコにやられる大威力のものができねばならない」「破壊兵器は最も新鋭なもの、例えば今日戦争になった次の朝、夜が明けてみると敵国の首都や主要都市は徹底的に破壊されている」などの言葉は、まさにその数年後に起こった原爆投下を予言しているかのようだ。
石原は、最終戦争後、必然の結果として「そして世界はひとつになる」と語っている。しかしそれが良くも悪くも実現していない現在、次に起こりうる最終戦争がいったい何をもたらすのか。不穏な世界情勢に無関心ではいられない。

作者简介

石原莞爾は「満州国」建国の立役者であり、昭和期陸軍の一方の雄であったが、東条英機と対立し、太平洋戦争開戦時には予備役に追いやられていた。

图书封面

图书标签Tags

评论、评分、阅读与下载


    最終戦争論 PDF格式下载



用户评论 (总计1条)

 
 

  •       說到石原莞爾這個名字,就筆者本身對他的印象來說,不是很好,我想華人界應該都差不多吧。讀完他這本(其實是兩本合併)著作後,要說改觀嘛,其實也沒有。:P
      
      
      《最終戰爭論》跟《戰爭史大觀》是石原在二戰期間撰寫的兩本綜合其思想跟研究戰史成果的著作,在當時有其時代意義,引發很多日人的討論。尤其是他提出了世界最終將「爆發一場決戰,然後世界統合」,而負責這個任務的,必然是「由日本領導的東方王道」跟美國的西方霸道之間的對決。
      
      關於這段話的解釋,石原自己的解釋也帶有宗教的神秘感,這邊我就不轉述,有興趣的朋友請自行查閱。筆者比較想說的是,石原跟他的“東亞聯盟”主張,說穿了正如寫導論的楊典錕老師所說「跟大東亞共榮圈只是五十步笑百步」,事實上都是一種「日本帝國主義」的思維下建構的產物,只是比起來石原比較不乾不脆,多了幾分斯文人免不了的修飾而已。整個東亞聯盟起來跟歐美集團抗衡,要求全部各民族“真心”相信“現人神”的天皇之神聖與其王道的正確性,光這段發言就夠讓人啼笑皆非了。或許石原本人是發自衷心的信仰,不過他就想因此理所當然的推己及人,未免也太天真了。到現在他的晚輩都還在說中日之間猶如英德在一戰的情境哩!
      
      不過,石原也倒沒有如此的理想化,他在提到中日戰爭屢屢強調軍紀的重要性,想來是對於那些暴行的“默認”。同時,他對於戰爭手段也強調其必然性,至於其策略跟一些預言就當作是研究看看吧。(當然,別說今時今日,石原有生之年就已經看到結果了)
      
      
      總而言之,本書做為研究舊日本對於戰爭的思想,算是一本不錯的讀物。
      以上。
 

250万本中文图书简介、评论、评分,PDF格式免费下载。 第一图书网 手机版

第五图书网

第一图书网(tushu007.com) @ 2017